2014年05月14日

カーナビゲーション

カーナビゲーションとは、自動車の走行時に現在位置や目的地への経路案内を行なう機能を持った電子機器のことです。正式には「カーナビゲーション・システム」と呼ばれるますが、略して「カーナビ」と呼ばれたり、単に「ナビ」と略されることもあります。

自車の位置の確認や目的地への道案内は、モニターの地図上に表示して行います。

自車位置を知る仕組みとしては、GPS(Global Positioning System:全地球測位システム)衛星からの位置情報が基本ですが、GPSだけでは誤差があることやビルの谷間やトンネル、高架下などでは測位できないことから、加速度センサ(速度変化)、ジャイロセンサ(方位変化)、車速信号などの情報を利用した「自律航法」を併用して精度を上げるようにしています。

経路案内は、詳細な道路情報を含んだ地図データを内蔵することにより、運転者に対して目的地までの進むべき道を示します。地図はカラー化された液晶ディスプレイ上に表示され、加えて合成音声による進路の案内を行います。

地図データには、店舗等の名称や住所、電話番号まで含まれていて目的地検索が行いやすくされています。
製品によっては渋滞情報や空き駐車場情報の提供や目標物の擬似立体表示などの付加的機能が備わっているものもあります。

カーナビの種類(取り付け位置、取り付けスペース)

オンダッシュ型

車のダッシュボードの上に専用スタンドを取り付け、そこにモニターを設置するタイプです。
「モニターを見やすい位置に取り付けられる」「大画面などバリエーションが豊富」「設置する車を選ばない」などのメリットがあります。
モニターとは別にナビユニットが必要です。

オンダッシュ型カーナビ.jpg

インダッシュ型

1DINタイプ

ダッシュボード内に設置するタイプで、モニターをカーオーディオなどを収めるための1DIN(幅178mm×高さ50mm)スペースに取り付ける形式です。一般的に本体とモニターは別々になります。

カーナビを使用するときは、画面だけが上にせり上がってきます。1DIN分のスペースがあれば取り付けられ、設置されているオーディオ機器もそのまま使うことができます。
ただし、車によってはエアコンの吹き出し口や操作スイッチなどがモニターと重なって使いにくくなる場合もあります。

インダッシュ型1DINナビ.jpg

2DINタイプ(AV一体型)

ダッシュボード内に取り付けるインダッシュタイプの一種で、カーナビにカーオーディオとテレビ機能が一体化した形式であり、AV一体型ともいわれます。

標準装備されているオーディオ機器を外し、そのスペースに取り付けるため、スタンドを別に取り付けたり、配線が露出したりすることもありません。そのため、見た目がよく車内がスタイリッシュにまとまります。
ただし、2DIN分のスペース(1DINが上下に2つ)が必要になるので、高級車や欧州車では取り付けられない車種もあります。

インダッシュ型2DINナビ.jpg

ポータブル型

オンダッシュタイプの一種で、本体の取り外しや持ち運びもが可能なカーナビです。吸盤で装着するなど取り付け・取り外しが簡単にできるように工夫されています。
徒歩や自転車での移動時にも使えるタイプもあります。最近は、性能や機能の向上、軽量化が進んだことで、ラインアップが増えてきました。

ポータブル型カーナビ.jpg

PND

PNDとはPersonal Navigation Deviceの略称で、簡易タイプのポータブル型カーナビのことをいいます。

PND.jpg

携帯電話・スマートフォン

カーナビの種類(地図情報記録メディア)

DVD

地図データや動作用のプログラムなどをDVDから読み込むカーナビシステムです、DVDに記録された地図データを読み出して使います。
カーナビにおいてDVDはデータをディスクに記録すると、その後は消去や変更といった作業はできません。地図を更新したいときには最新データが収録された地図ディスクを購入する必要があります。

DVDナビゲーション.gif

HDD

地図データを本体内蔵のHDD(ハードディスクドライブ)に収録しているタイプのカーナビシステムです。最近のカーナビはDVDに代わってHDDが主流になっています。

HDDナビの最大の特長は、データの取り出しや検索が速いことです。表示される速度も速く常に最新の情報を表示できるという利点があります。
DVDカーナビなどのように地図データDVDを買い足し、ディスク交換して使うということはなく、通信機能によるデータのダウンロードも行えるのでインストールしているソフトの更新なども簡単に行え、常に新しいグレードを保つことができます。
また、この通信機能を利用すれば、例えば、近くでおいしいレストランを探したいときなども簡単に行うことができるます。

HDDには地図データだけではなく、音楽ファイルも保存できるのでミュージックボックスとして音楽を楽しむことができ、HDDにCD100枚分を超える音楽データを記憶することができます。
またディスク型に比べ衝撃にも強いので音飛びもすることなく、曲の頭出しもすぐにでき、自分の好みの順番に曲リストを作成することもできます。

HDDカーナビは、カーナビとしての道案内の機能だけではなく、レストランやカフェなどの情報や音楽プレイヤーとして音楽を楽しむなど、交通情報以外の付加的な機能をふんだんに楽しめるカーナビといえます。

HDDナビゲーション.jpg

メモリー

地図データをメモリーに収録しているタイプのカーナビです。メモリーのタイプには、SDメモリーカードや、SSDと呼ばれる固定式のフラッシュメモリー があります。
地図を更新したいときは、最新データが収録されたSDメモリーカード等で行います。

メモリーは、以前は機能を絞ったポータブルタイプのカーナビを中心に搭載されていましたが、コンパクトで振動にも強くデータの処理速度が速いなどのメリットもあり、ポータブルタイプ以外の機種でも採用されるようになりました。

SDナビゲーション.jpg

posted by カー用品マスター at 14:50 | TrackBack(0) | カーナビ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/397019489
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。